Nikon F4レビュー 人気が無く格安、だが最高のフィルム一眼レフ

フィルムカメラ

私の年齢は五十代前半なので昭和から平成前半のフィルムカメラ全盛期に若い時代を過ごしましたが、当時は写真趣味がなかったので、旅行などで写真を撮る時には家にあったコンパクトカメラや「写るんです」などを使っていました。

そんな私が四十前後になってから写真やカメラにハマり、更にはフィルム写真や中古カメラにハマって集め始めたフィルムカメラ(主に国産一眼レフ)をこれから一台づつご紹介して行きたいと思います。

その最初の一台に選んだのは、二年ほど前に購入し私がフィルムカメラにどっぷりハマるきっかけを作ってくれたカメラ「Nikon F4」です。

この頃の私はミラーレスカメラに未来を感じ、NikonのAPS-C一眼レフからOLYMPUS OM-D E -M10に乗り換えて撮影を楽しんでいました。

ただやっぱり光学ファインダーのクリアな見え具合も気持ちよくて大好きだったから一眼レフカメラも欲しかったけど、フルサイズの「D850」などは金額的にとても手が出ません。

そこでふと考えたのです。最高の光学ファインダーを味わいたいだけならフィルム一眼レフで良いのではないかと。

そこで色々調べてみると、Nikonが誇るF一桁機種の中で最も人気の無いF4なら最高の光学ファインダーを搭載したカメラを格安で手に入れられる事を知りました。

それからネットで探し「サンライズカメラ」さんで約一万円で購入したのがこれから紹介するF4Sです。ちなみにF4SとはF4に縦位置グリップがついたモデルを指します。

F一桁で一番人気が無いF4

ニコンのフィルム時代のフラッグシップモデル、F一桁シリーズはそのどれもが高い完成度を誇りプロカメラマンから絶大な信頼を得ていました。

そのカメラ達は現在でも高い人気を誇っていて、フィルムカメラとしてはなかなかの高値で取引されています。

このF4を除いては……

このF4が生まれたのはカメラが機械式のマニュアルフォーカスカメラから電子機能を満載したオートフォーカス機に生まれ変わる過渡期の時代。

当時の一眼レフカメラは電子部品をたくさん搭載するためにボディがどんどん大型化され、その大きなボディを少しでも軽くするために外装が金属からプラスチックに変更されるようになった。

そしてその流れはフラッグシップモデルにも踏襲され、F4のがっしりとしたフレームを覆う外装のほとんどがF3時代の金属からプラスチックに置き換えられた。

そんなプラボディのF4がプロやハイアマチュアの手によってハードに使い込まれると、握り込んだ手との摩擦でプラスチック部分がテカテカと光ってしまう。

このテカリがプラスチック外装を更に安っぽく見せるために、このF4は人気がないのだと思う。

しかしその性能はもちろん超一級品。特にその光学ファインダーは絶品で、フィルムカメラ愛好家から最高のMF一眼レフという呼び声を受けるほどの明るさ、視野の広さ、ピントの山の掴みやすさを誇ります。一応申し添えるとこのカメラはAF一眼レフです。

Nikon F4その魅力的な外観

先ほども書いたように、Nikon F4は一眼レフカメラがMFからAFに移り変わる時期の狭間に生まれたカメラ。だから、AF化を遂げながらもMFにも配慮した設計になっていて、ボタンやレバーやダイヤルが至る所にあるとてもごちゃごちゃした外観のカメラです。

しかし、それがメカメカしくてかっこいいと私は感じています。

まずはNIKKOR S.C Auto 50mm f1.4を装着した正面から。ご覧のように非Aiレンズもピンを倒す事により装着できます。

グリップの握り心地も良好で重量級のボディをしっかり支える事ができます。

F4正面

この右肩を写した一枚にダイヤルなどがどれだけ写っている事か!パッと見ただけで、シャッタースピードと露出補正のダイヤル、シャッターボタンとその周りにドライブモード切り替えダイヤルがあります。そのどれにもロック機構があり知らない間に設定が変わってしまうのを防いでいます。失敗が許されないプロ機ならではですね。

F4右肩

左肩には巻き戻しクランクとその同軸にISO感度変更ダイヤルが付いています。このF4には自動巻き戻し機構が搭載されていますが、万が一の故障時や電池切れの時にも撮影済みフィルムをボディから取り出せるように手動の巻き戻しクランクも搭載されているのです。

F4左肩

装着しているレンズは「Nikkor S.C Auto 50mm F1.4」今までは、APS-Cセンサーとフォーサーズセンサーでしか使った事が有りませんでしたが、初めてフルサイズの画角で使う事が出来ました。作例は後ほど紹介します。

Nikkor S.C Auto 50mm F1.4

F4ロゴの下にある銀色のボタンがプレビューボタン。このボタンを押すと、絞り羽根が設定した数値に絞り込まれるのですが、ここがF4最大のウィークポイントプレビュー鳴きと言って、このボタンを押す度にキュキュと音がする個体が多い。音だけならまだ我慢出来るけれど、症状がひどくなると絞り羽根がちゃんと動かななり、撮影時に指定した絞り値まで絞り込まれなくなるらしい。

ペンタ部

私が買った個体も格安だったので、プレビュー鳴きの症状が出ていましたが、ネットで調べてシリコンスプレーを使って修理した所見事鳴きが治りました。

ただし、失敗すると故障するらしいので試す場合は自己責任で。

最後はファインダー接眼部。やはり丸窓はかっこいいですね。

接眼部

F4のシャッター音

最近のカメラ、特にミラーレスカメラはAF時のレンズ駆動音やシャッター音などがとても静かになったので、そんなカメラしか使ったことのない方はこの音を聞いてちょっとビックリするかも知れませんが、当時のカメラはF4だけでなく皆かなり豪快な音がします。でも、それがいかにも写真を撮ってますって感じがして良いんですよね。

F4シャッター音

まとめ

握ってみればすぐに分かりますが、このF4と当時の普及価格帯の一眼レフ(ニコンだったらF60など)は同じプラ外装でも剛性感や質感が全然違います。もちろんダイヤルなどのパーツを動かした時のフィーリングも節度感があってとにかく一つ一つの動作がしっかりと精密に動いている事が指や手のひらに伝わってくる。

さすがニコンのフラッグシップモデルだけの事はあります。

このカメラで写した作例写真を下の記事でたくさん紹介しているので、そちらもぜひご覧下さい。

それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました